町田で家を売るなら、競争原理を発生される!

 

町田でマンション・戸建てなど家を売却しようと思っている・・・・

 

となると、当然、不動産業者さんへお願いするはずです。

 

「とりあえず、家の近所の不動産屋さんに任せればいいんじゃないの?」

 

それでもいいのですが・・・不動産業者選びを間違えると

 

数百万円以上の大損失!になる恐れがあります!!

 

「でも、町田を含め、都内には複数業者がいて、依頼先がわからない!」

 

安心してください!

 

  1. わずか60秒で入力!
  2. 複数の業者に競争してもらい
  3. 悪徳業者は排除!

 

それが無料の不動産の一括査定サイトサービスです。

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp

 

 

 

コラム:町田市の魅力&特徴をご紹介!

 

東京都の指定名勝である薬師池公園や、世界でも数少ない版画専門美術館の国際版画美術館、広大な芝生広場が特徴の町田シバヒロ、清らかな水が湧き出る芹ヶ谷公園など、魅力的な観光スポットが点在する東京・町田市。

 

JR横浜線&小田急小田原線など、交通アクセスも良好で各方面への移動もスムーズです。利便性のいい都市にありながら、豊かな自然環境が残されているのも特徴の1つでしょう。

 

実際に町田市に住む人の口コミをピックアップしてみると、小田急線&JR横浜線を利用できるうえ隣駅の相模大野を利用すれば江ノ島線も使える、
アニメショップが豊富、ブックオフの規模がスゴイ、仲見世商店街の雰囲気がたまらない、ラーメン屋さんが多い……と満足気な様子です。

 

都内に住む人たちの町田市に対するイメージは、郊外都市、町田リス園しかないでしょうと思われがちですが、実際は住めば都だと話します。

 

また焼き小龍包店の小陽生煎饅頭屋や、大判焼きがおいしいと評判のマルヤ製菓、老舗カレー店のアサノ、
口コミサイトで好評のカフェ中野屋、ネーミングが印象的なCAFE KATSUO、駅近の洋食屋さん航旅莉屋(こりょうりや)など、グルメスポットも盛りだくさんです。ぜひ1度足を運んで町田の魅力を満喫してみませんか。

 

 

 

不動産はオンライン一括査定がベスト?!※メリット・デメリットは?

 

町田の不動産業者さん

 

町田の家や土地などの価格を査定したいときに、個々の不動産屋を訪ねて、査定してもらう方法がありますが、時間と手間がかかり過ぎてしまいます。

 

今では、オンラインで不動産査定ができるので、発生する手間が大幅に短縮されています。

 

さらに、オンラインで不動産の一括査定もでき、複数の町田市内の不動産企業に対して、一度に査定を申し込むことができます。

 

時間や手間は大きく短縮できますが、デメリットもあります。

 

不動産のオンライン一括査定の大きなメリットは、複数の企業に査定を一度に申し込めることです。

 

各企業によって評価額は変わることがありますが、一軒一軒個別に査定をしてもらっていたら、時間がかかり過ぎてしまいます。

 

また、営業の人と査定時に直接対面しなくても良いので、勢いやその場の雰囲気で、安い査定額にも関わらず売ってしまった、という事態が発生しないことも大きなメリットです。

 

オンライン一括査定のデメリットとしては、提示された価格はあくまで参考程度にしかならないことです。

 

オンライン上で入力された情報では、町田の土地や建物の詳しい条件は分からないので、提示された査定額から大きく変わることもあります。

 

また、後々、査定してもらった企業からメールや電話が頻繁に来ることも、電話対応が苦手な人にとってはデメリットです。

 

 

 

不動産査定・売却で必要な書類一覧を解説!

 

不動産の売却を検討する際、まず不動産会社に不動産査定を依頼することが一般的です。不動産査定を詳細に行うには多くの書類が必要となります。

 

不動産会社によって必要な書類が変わることもありますが、基本的には下記の書類が不動産査定・売却時の必要書類となります。

 

 

「身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票」これらは戸建てマンションに関わらず、必ず必要となります。もし共同名義の不動産ならば、名義人全員の書類が必要です。また有効期限は発行から3か月以内とされています。

 

「登記済権利書もしくは登記識別情報」いわゆる権利書と呼ばれるものです。平成17年度以降に取得した不動産は登記識別情報が発行されている場合があります。どちらも再発行が出来ないとても重量な書類です。

 

「登記簿謄本」不動産の権利者などを証明する書類で、登記所で取得します。土地と建物は別々に登記されているので、両方の査定を行う時はそれぞれ取得するようにします。

 

「固定資産税納税通知書・課税証明書」毎年5月に市役所から郵送されます。もし紛失していても固定資産評価証明書と固定資産公課証明書で代用可能です。

 

「土地測量図・境界線確認書」売却時には必要となります。

 

また戸建ての場合は、「建築確認済証書・検査済書」「建築設計図書」、マンションの場合は「管理規約・使用細則」「マンションの維持費等に関する書類」、

 

ローンが残っている場合は「ローン残高証明書」も必要です。

 

 

相続した実家の売却をせず、相続不動産の放置をするとどうなる?

 

実家に住んでいた親が亡くなった場合、その子供が実家を不動産資産として相続することになります。

 

ただ、子供が既に遠方に家を買っているような場合は、実家を相続したからといって住むことは難しいでしょう。

 

使用する予定がないなら、相続した実家を売却してしまうのが一番なのですが、忙しかったり手続きが面倒だったりして放置してしまうケースもかなり多いです。もし放置し続けた場合、どうなるのでしょうか。

 

仮に相続した実家を放置し続けると、まず使ってもいない家に毎年固定資産税を支払わなければなりません。

 

固定資産税の金額は不動産の評価額によって異なりますが、何十万円もの税金が毎年必要になります。

 

税金を納めるのは義務なので、どんなに自分は使っていないと主張したところで、相続した以上は支払う義務が生じます。

 

また、放置している空き家はあっという間に荒れてしまい、近隣住民に衛生面や防犯上の問題で迷惑をかけてしまいます。倒壊の危険が高くなれば、自治体から特定空き家等に指定され、
強制撤去などが行われる可能性もあります。

 

この際、解体や清掃などにかかった費用は所有者に請求されるので、
規模によっては100万円以上もの解体費用を請求される可能性もあります。

 

 

自宅マンションを売る or貸す※どっちがいい?メリットデメリットを解説

 

自宅マンションを売るか貸すか迷い、どっちにするか決めるときには、それぞれのメリットとデメリットを確認することと、永久に手放すのかあるいは一時手放すのかという自分の事情を加味して判断するのがいいのです。
売ってしまうのは、纏まったお金が入るというのが最大のメリットですが、その物件はもう自分のものではなくなります。投資目的で手に入れたものであれば、手ごろな価格で売却でき、しかも売却益があるのであれば、目的を達成したということで、何のためらいもなく完了ということになります。
しかし、その物件に思い出があるとか、夫婦二人で苦労してローンを完済させたとかということとなると後ろ髪を引かれることになります。
一方、貸すという場合はいずれはまた自分のものとに戻るので、再び住むことも可能であり、その間空き家にしておくのは、建物が傷むので、人に貸せばそれを防げ、しかも収入もあるというメリットがあります。
しかし、いざ手元に戻したいというときに、解約予告の手続きや相当の理由というようなことがあって、結構面倒なことになります。ましてや入居者次第では、家賃滞納とか、保守営繕で悩まされるとか、居座りとか様々な問題が発生することもあります。
こうしたことを十分踏まえて、判断するのがいいということになります。

 

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

自分の土地などを売る場合に、自分で買い手を見つけて、理想の金額で売却できれば一番いいのですが、現実には、これまでに売買の経験がない素人ができるものではありませんし、無理にやれば下手すると買い手にたたかれて安い値で売却せざるを得なくなることもあります。そこで、通常は、不動産売却専門の業者と契約して、売却を委任することになります。

 

この売却契約においては、専属専任媒介と一般媒介の二通りの契約方法があります。不動産を売却する際には両者の違いと、それぞれのメリット、デメリットをしっかりと理解しておくことが大事です。

 

専属専任媒介とは、一社のみと契約を行って売却を専任するものであり、他の業者と別に売却契約を結ぶことはできません。つまり、その一社に売却をおまかせするという契約になります。専属専任媒介では、委任を受けた業者は責任を持って売却に動くことが多く、確実に売却したいならこの契約がおすすめです。ただし、売却金額についても一任することになりますので、ちょっと売却額が安いなと思っても別の業者に変えるようなことはできません。
これに対して、一般媒介では、複数の業者と同時に売却契約を結ぶことができます。この場合、業者からすれば専任されているわけではないため、あまり積極的に売却に動いてくれないこともあります。ただ、ある業者の売却額に不満がある場合に、他の業者に依頼できるというメリットがあります。